名古屋  主税町(ちからまち)の組紐屋    くみひも工房 多津蔵

正絹組紐、茶の袋物のことなど、ご依頼賜ります。

org.jpg

多津蔵の手仕事 ≫ 茶箱展【大人のままごと】平成31年春予定

茶箱展【大人のままごと】トピックス

舞台裏ですが・・・

0000501714.jpg
内側はこんな感じです。

五人のもの創り仲間で、茶箱を作ります。

一つ目の茶箱は、試行錯誤しながら仕組んで行く様子、お見せして行きたいと思っております。

馬淵さんの矢羽根文様の木画茶箱は、初々しいイメージで作られております。

花点前を想定してお願しましたので、門出の春の表現ですね。


さて、どんな仕覆を仕立てましょうか・・

0000501713.jpg
裂選び悩みました・・・

古布の裂地とか名物裂とかあててみました・・・

でも・・・なんか違うのですよ。

そこで、手織り紬白生地を染めてみました。

菜の花の黄色です。

菜の花は、春まだ浅い時期に辺り一面に春を呼び込みます。
また、春先に咲く花には、黄色が多いのです。

そして、幸せの黄色い仕覆に成りますように。

黄色の無地の茶箱の仕覆。
少し冒険でもありますが、初々しい茶箱として仕立ててみようと思います。

茶箱「桐木画茶箱」

0000490688.jpg
制作者 馬淵弘幸さん

指物の仕事は凄いですよ!

ピタッと気持ち好く納まるってこんな感じ!って知りました。

展示会はまだ先ですが、お預かりしておりますので、
手に取ってご覧いただけます。

さて!私はどの様な仕覆を仕立てましょうか・・・


  • 0000224811.jpg
  • 0000224819.jpg